Tカードが手に入りましたら、早々使ってみましょう。
Tポイントは、各ショップでのショッピングや、食堂での飲食によって少しずつ貯まってゆくポイントですが、いつ、いつのショップで「ポイントカードお持ちですか」と尋ねられるかわからないので、いつでも持ち歩いているのが可愛いでしょう。
通常、多くのかたがそうしているように、お財布の中に入れておくのが良いと思います。
お財布とは別にカード入れやカードケースをお持ちのかたは、そちらでも良いでしょう。
そして、いつでもポイントカードを求められた時折、すぐにとりだせるような位置に入れておきます。
通常の買い物や飲食を通して、1回あたりに溜まるポイントはあまり多くはありません。
とりあえず回数を重ねて、日々、Tカードを出し、ポイントを貯めることが少なく溜めるための近道になります。
生活七つ道具を買いそろえるためのスーパーやドラッグストアも、Tポイントをつけて受け取るところが結構ありますので、こうした店舗が普段の行動範囲の中に生じるかたは、さほどすぐにポイントが貯まってゆくでしょう。
また、オンライン上の「Tモール」というモールを通じて貯めるということも出来ます。
目下、Tモールを通じてショッピングできるのは、Yahooショッピング、Yahoo競り市、watashi+、DHC、TSUTAYAオンラインショッピングとなっています。
Tモールを経由することによって、ショップオリジナルのポイントが溜まるのはもちろんのこと、それに加えてTポイントもたまるので、まったくお得です。
オンライン上では、Tカードを直接使用することができませんが、カードの番号の入力を通して使用するという形になります。
クレジットカードなどと同じですね。
Tカードは、たくさんの店舗で使用することができるため、それまで持っていたさまざまなポイントカードを捨ててしまったというかたも案外多いです。
各ショップにつき1枚のポイントカードですと、次に扱うのがいつになるのかわからないようなショップも多いだから、よく買い物や飲食をするお気に入りのショップだけを残して、それ以外のポイントカードは処分してしまっても良いかもしれません。
こうした各店舗も、後でTポイントの提携先になってくれると便利ですね。www.theschooloflifeamsterdam.nl