ゴールデンウィークになると、北海道は本格的な観光シーズンを迎えます。
雪一色だった大地は新緑に包まれ、梅も桃も桜もいっせいに咲きそろいます。
その一方で、北海道の春はエリアによっては依然雪が残っているところもあって、春スキーを楽しむことができます。

キロロスノーワールドは、小樽や札幌からのアクセスがよいので、旅の前半はスキーを通じて、後半は札幌観光を楽しむといった方には非常に便利な場所に位置しています。
春もたっぷりの積雪量で知られ、雪質も北海道の中でもトップクラスに入ります。
コースも斜面が割になだらかなところが手広く、初心者〜中級者の方にそれほどおすすめです。

ニセコも北海道有数のスキーが遊べる場所として凄く有名ですが、ニセコユナイテッドは、4つのスキー場が山の上部で接続し、日本最大級のスキーエリアになっています。
春スキーを楽しめるのは、ニセコアンヌプリ国際スキー場とニセコグラン・ヒラフスキー場、そしてニセコビレッジスキー場の3つだ。

どうしてもアクセス抜群とは言いづらいですが、ニセコでスキーを楽しんだあと函館に移動して、函館観光も楽しむという贅沢な旅行も夢ではありません。

富良野スキー場はいつぞやアルペンスキー・ワールドカップが開催されていたことからも見通せるように、雪質やコースに定評があるスキー場だ。
富良野スキー場のゲレンデは、傾斜に変化があって、どちらかというと、中級者以上の方におすすめできるようなコースが多いのが特徴です。

スキー以外にも、ドラマ「北の国から」のロケ地巡りも魅力ですし、旭山動物園に行く計画を立てて要る方は富良野スキー場が便利なのではうんでしょうか。

大雪山連峰の主峰、旭岳におけるスキーコースは、サラサラのパウダースノーと雄大な自然が魅力です。
山岳スキーの醍醐味をたっぷりと味わうことができますが、ゲレンデスキーのように設備が整っていないので、冬山装備を整えた上級向きになります。
そして、コース外の滑走は危険なので、絶対にしないようにください。

札幌国際スキー場は札幌主軸からのアクセスも非常に良い場所で、北海道三大温泉の一つに数えられて要る定山渓温泉から、車でわずか20分の距離にあるのが望ましいポイントです。
これなら、温泉とスキーのとも思う存分楽しむことができます。

ただし、アクセスが良し分コースがにぎわうことが多いことを頭に入れておきましょう。SONOKOホワイトニングジェルの口コミ!2か月で美白肌を手に入れた40代主婦の実話