サラリーマンなど個人におすすめの節税効果が期待できる投資について説明したいと思います。
お金にゆとりのある人は個人の資産運用について考えてみましょう。
上手に資産を運用して節税に役立てましょう。

「不動産投資」…ローン完済まで長期的に行なう、所得税や贈与税の節税効果が高い。
不動産を所得することでもらえるメリットは、給与から所得税や住民税を節税行えること。
ローンを完済した後は私的年金として収入源にやれること。
インフレ対策になることなどがあります。
デメリットは、赤字オーナーには次の融資が受けづらくなるとか、青色特別申告の特別控除が受けられないことなどがあります。

「投資信託」…個人で確定拠出年金を購入すればその10%分は税金が安くなって節税効果があります。
メリットは、少額からでも投資とれること。
ファンドマネージャーなど投資のプロに運用を任せられること。
デメリットは、買い付け手数料などの運用コストがかかってしまうこと。
預金ではなく投資なので元本保証のないことなどがあります。

「株式投資」…安定した株を長期間保有することで株主優待などがいただけるためお得。
節税効果は小さいのですが、株式がかかる可能性もありますし、分散投資をしてリスクヘッジを通じておけば節税もできると思います。
メリットは、株主優待がいただけること、配当金があること、株式がかかるかもしれないこと、売却益が手に入ること。
デメリットは、値動きを通じて損失が生じることもあれば、企業が倒産してリスクを負うこともあるということです。

「FX」…短期間で投資しよ人、リスキーだけどハイリターンを除く人におすすめの投資方法。
節税目的ではなく短期間に資産を増やしたい人におすすめです。
メリットは、少額から行えること、平日常時いつでも取引が手軽にできること、ハイリターンが期待できることなどがあります。
デメリットは、損をする可能性があること、圧倒的値動きの可能性があること、抱えるだけで費用が発生することがあるというものです。

以上のことから、節税効果の期待できる一番の個人投資は、「不動産投資」になると思います。
物件の維持管理を敢然と行っている信用できる不動産会社から購入するようにしましょう。https://media-hearts.xyz/