ママ友が恐ろしい。
それは誰でも一度は経験する気持ちです。
ママ友との知り合いに耐えるという人は多いでしょう。

最近多いのが、直接的な知り合いよりはSNSでのトラブルといわれています。
インスタなどのSNSにママ友が子供を載せている、一緒に写った自分やわが子の顔がさらされて要る・・・勝手に写真をネットに載せられるのはいつだれがどういうタイミングで見分けるかわからないのでヒヤヒヤする。
しかしママ友という浅い付き合いの人には随分言い出せなかったりしますね。
とくに乗せられてあるSNSでお互いがつながって(友人申請)いない状態で勝手に乗せられているのを発見した場合は、アカウントを持っていることを知らせてなかったりすると言い出しにくいし、のぞいてるのかと思われるときまづい・・・。
インスタで子育て日記をするのが流行っているので、いいね!やフォローが欲しい・・・いわゆる承認欲求の凄い人だと、周りの迷惑を考えずに自分勝手投稿するので恐いだ。
普段お付き合いをしているだけでは、その人がインスタ依存なのかまでは見つけることができませんから、自分が知らない間に写真を載せられたりしていてもわからないことが多いんですよね。

あとは、個人の特定はされないかもしれませんが、インスタで子育て日記を書いている漫画やイラストを載せている人も注意だ。
自分の発言や子供同士のやりとりなどをマンガにされて載せられているケー。
そんな時はたいてい悪者にされたりするので、見た場合奥深いになりますね。
ミクシイやSNS、ツイッターが相次いで衰退して掛かるこんにちですが、インスタは依然として人気があります。
ママ友にタグ付や写真などはお互いに諦めるような暗黙のルールを作りあげることがおすすめです。
かなり濃い仲にならないとそんな話はできないと思うのですが、少しずつ「それはマナー違反じゃないか」という人も増えてきていることから、ネットなどでも話題になっています。
時流は手早いので、やがて「勝手に載せない」ルールが浸透するかな?なんて期待をする筆者も、気が軽く何やらそんな話はママ友にできない一人でもあります。参照サイト