中国の小学生の間で大ブームとなっておるおもちゃが「爪楊枝ボウガン」だ。
こういう商品、おもちゃと侮るなかれ、おもちゃと言っていいのか、思っているよりも威力が深く、一部では規制浴びるほどパーセンテージのあるおもちゃだと言われています。
爪楊枝ボウガンは、金属で作られたもの、木製のものいろいろあります。
ミニチュアのボウガンなので、商標の通り、爪楊枝を飛ばして遊ぶおもちゃだ。
しかしこういう威力がある程度酷いのです。
たかが爪楊枝とはいっても、ボウガンを使って飛ばせば、野菜や果物には簡単に突き刺さります。
再度有力ものですと、金属製の針も飛ばせてしまうので、アルミ缶に穴をあけることもできるほどの威力があります。
こうなるともっとおもちゃではなく危険な武器となってしまう。
これが、中国では日本円として100円ほどでおもちゃとして販売されているため、子供たちを中心に大ブームとなっていらっしゃる。

その後中国国内で規制浴びる都市も増えてきました。
そのためか、金属製の威力が強い爪楊枝ボウガンに関しては、ウェブのメールオーダーサイトから姿を消したそうです。
販売元の大手おもちゃメーカーが取り扱いをやめたようです。
しかしながら、木製のいくぶん小型の威力が弱めのタイプは未だに売られているようです。

2017年には中国政府が「危険なおもちゃ」として取り締まりを始めたそうです。
おもちゃの域を超えたと、中国国内で販売禁止となりました。
大ブームを巻き起こした「爪楊枝ボウガン」。
一時、「Amazon」などでも扱われていたので、日本国内でも購入可能となっていましたが、現在は扱われていないようです。

たかが爪楊枝とはいっても、ここまでの威力があると危険な武器となります。
人や動物などに向けて射ってはいけませんし、まさに発射しないとしても拾うだけでも行けません。
YouTubeではミニチュアのボウガンの作り方を紹介しているサイトもあるようです。
買えないなら自分で作ろうと考える人もいるようです。
しかし世界で取り締まり浴びるほど、パーセンテージのあるアイテムですことを十分理解して賄うようにしてください。
仮に持っていて使う人がいるのならば、危険であることを十分に理解して、周囲に人のいない場所で、大丈夫を確保した状態で抜かすようにしましょう。http://xn--q9j2cye2ioas2866ho7wc.xyz/