夏になると、刺々しいパスタを食べたくなる事がありますよね。
暑くても、暖かいパスタはもちろん旨いのですが、夏なので冷製パスタの方が再びおいしく受けとると思います。
ほんのちょっとの手間だけで、美味しい冷製パスタが出来ます。
そんなにめんより栄養価が高いですから、ぜひ夏の間は冷製パスタを頂きましょう。
明太子によるパスタは美味しいですよね。
冷製パスタにも明太子はとても合いますよ。

明太子の冷製パスタ・・材料:(独自分)スパゲッティ(出来ればフェデリーニがおいしいと思います)100グラム、明太子(2腹くらい)、マヨネーズ、生クリーム(大さじ3杯)、刻みのり。
作り方:スパゲッティはたっぷりのお湯で塩を入れてゆでます。
お湯はたっぷりのほうがスパゲッティが上手くゆで上がります。
塩はお湯が1リットルでしたら、小さじ1ぱいくらいです。
ゆで時間はいつもより1分から2分くらい多めに行う。
後から冷ますので、ゆですぎるくらいのほうが美味しくなります。
ボールに皮をむいた明太子を入れます。
独自分に対し、明太子は2腹くらいですが、がたいにもよるので、そのへんは適当に増減ください。
そこへマヨネーズ、生クリーム、塩コショウをいくぶん入れて、思い切り合わせます。
茹で上がったスパゲッティは、氷水で望ましく冷まし、ざるに上げます。
その後キッチンペーパー等で、水分をとことん取ります。
出来るだけ水分を取り去ることが大事です。
そのスパゲッティを先ほどのボールの中へ付け加え、ぐっすり取り混ぜます。
味を見て、塩気が足りないようなら、塩を付け加え良く取り混ぜます。
お皿に盛り付け、刻みのりを上に散らします。
明太子とマヨネーズは相性がいいので、パスタも美味くなります。

明太子の皮を剥くのって、僅か大変という事がありますよね。
上手にむける方法がいくつかあります。
その一つは、明太子を冷凍としてからむく、という方法だ。
冷凍した明太子にたてに包丁を入れて、切れたところをつまんで剥ぐと簡単に当てるようです。
でも冷凍としてないとダメなわけで、買ってきてアッという間に使いたい事ありますよね。
そんな時は明太子をラップに包んで、その端をラップごと切り落とし、包丁の背によって絞り出すという方法もあります。参照サイト