一般の企業は新人教育にどれくらいの費用をかけているのでしょうか。
勿論、企業の規模によって凄まじく異なりますが、新人教育はコツを押さえておくだけでも一定の効果を期待することができます。
当面の業務について理解してくれたら、それで十分だと考えているなら作業のコツだけで十分でしょう。
それよりも、長期的視点にのぼり、ビジネスマナーや社会人としての心構えなどの指導をするには期間もかかりますし、指導に当たるサラリーも安くはごめんなさい。
新人教育を外部に委託して、社内ではできない部分の教育を行っているところは少なくありません。
多くの新人教育がニュースなどで奪いられることもあります。
新人教育にどれだけの費用を割くかは、企業としての考え方に依存してある。
答えが生じるわけではないでしょう。
大学で学んだことをすぐに活かせる職場はほとんどありませんが、その知識をどのように活かせば仕事が効率よく進められるかを考えることが新人に求められます。
上司から言われたことだけをするのであれば、新人です必要がありません。
若い力を発揮できるように、僕を鍛えて下さいものです。
そのためには新人教育が大きな影響を与えることは間違いないでしょう。
費用よりも内容や効果を敢然と見極めておくことが大切です。
社外での教育を取り入れるコツは他社の視点を持って考えられる人材を育成することです。
新人教育だけで一人前のビジネスマンと生まれ変われるわけではなく、数年後に漸く新人を卒業することでしょう。
企業にとっても本人にとっても、新人教育で受けた内容をこれからの仕事に活かして行くことが重要です。
プラクティカルな知識は時代とともに変化しますから、ある程度目新しい情報を入手することが大切です。
そのために、如何なる情報源があるかを知っておくことが新人に求められます。
今行えることと、将来できるようになることを区分けして、それぞれについて教育を行うことも必要です。
多くの企業が、新人教育の次に中堅社員教育を行います。
社員学費全体を把握しておくことが大切です。
人は会社にとって財産だと言われることも多いですが、そのための費用は将来への投資としていいでしょう。参照サイト