国によってそれぞれ特色、特徴、好みというものがあります。
中国のおもちゃの特徴は音が広く、色合いがケバイことだと思います。
世界的に見てどうなのかはわかりませんが、せめて日本と比較すると、まったくケバイおもちゃが多いです。
これはお国柄なのか、中国の人達の好みですと思います。

中国のおもちゃを見てみると、日本のおもちゃで一番大きなボリュームが、一番低いボリュームくらいになっています。
音量調整の一番下のメモリが、日本で言うところの一番上の広い音になっているというわけです。
かなりのがたいだ。
周囲のことも考えて日本でも、よくボリュームを最大限にしておもちゃを遊ぶ人もいないと思います。
ある程度のがたいで調整するというのですが、中国の場合は大きな音が好きなようです。

二度と色もケバイおもちゃが多いと思います。
1配色とか2配色といったシンプルなものよりも、何色も組み合わせたカラフルなおもちゃが多いです。
おもちゃなどに使用されているライトを見てもわかります。
日本のおもちゃならば、ライトの色は1色、所詮2色くらいだ。
それが中国のおもちゃになるとともかくカラフル、色のバリエーションが著しくて一旦チカチカする。

デパートの屋上や遊園地などに居残る小さい子向けの、100円を入れてその場でちょいはたらく乗り物などを見ても、中国のものは配色が派手だ。
タイヤだけを見ても5色くらい使ってあったり、ライトも何色もチカチカと光ったりしています。
再び正面にはドラえもんのキャラクターがついているなど、一際中国らしき乗り物だ。
他にも子供が跨るおもちゃは、たくさんありますが、どれも何色も色が使ってあってケバイデザインのものばかりです。

他にも子供が好きな電車のおもちゃ。
電源を入れたら大きな音でやっぱ動きっぱなし。
堂々進んだかと思えば、壁などに突き当たると向きを変えて自動で駆け回り続けます。
かなり騒々しく動き回ります。
電池が貫く限り、音を鳴らし続けて立ち回る電車、大いに恐ろしいだ。

子供が好きなゲームコーナーも日本より派手だ。
人気のUFOキャッチャーなども、日本のようにおんなじデザインのシンプルな箱に入っているのではなく、それぞれ違う色合いのライトが光っています。
中国のUFOキャッチャーは、スマホ決済で味わえるそうです。
この点は日本より進んでいます。
このように中国のおもちゃを見ると、お国柄、中国の人達の好みが一心にわかります。www.god-blog.nl