雄大な自然に囲まれている「上高地」。
夏になると多くの乗客が国中からやってきます。
ベストシーズンには観光バスが50台以上訪れることもあります。
名勝として昔から人気のエリアで、夏でも気持ちいいことはやはり、雄大な山々、川、池、川にかかる橋、どれもすべてが美しく写真になるそういった景色が広がっている。
空気もおいしくて、何となく深呼吸をしてしまう、今も昔も多くの乗客を魅了やる国内有数の名勝だ。

上高地の気温は、真夏も20度以上になることは少ないです。
真夏の昼間でも木陰に入っただけで全く気温が下がります。
朝晩は10度以下にのぼる日もあるため、夏に旅行するとしても長袖の上着を持って行った方がいいと思います。
6月、7月は、気温がまだまだちっちゃいのですが日差しはかなり強くなります。
昼の体感温度はその日の天気によってずいぶん違ってきます。
長袖シャツに軽めの防寒着を1枚持ち歩くといいと思います。
梅雨時折カッパも必要です。
7月、8月の梅雨後には真夏の天気となります。
上高地も日中はTシャツで、朝晩、夜用に軽めの防寒着を1枚持ち歩くといいと思います。

上高地では、春〜夏に花が咲き誇り、山々の緑とのコントラストが楽しめます。
秋にはきれいな紅葉が見られます。
多くの人が旅行に訪れる目的はこういう景色を楽しむことです。
上高地ではハイキングがおすすめです。
見どころがたくさん起こるスポットを駆け回りながらめぐるのです。

一番の人気は「大正池」だ。
噴火によってできた神秘的な池だ。
湖面に枯れ木が浮かぶ幻想的様子、バックには穂高連峰と、雄大な景観は上高地を代表する人気スポットとなっています。
大正池ではボートい乗ずることもできます。
ボートに乗って観る山々はまた少々違う感じがします。

「河童橋」付近も大人気スポットだ。
午後は人が多すぎて居残ることもできずに急遽渡り切らなければいけません。
案外空いている午前中にいくことをおすすめします。
上高地と言えば、河童橋というイメージも著しい、雑誌の写真などでもよく見かける場所だ。

河童橋付近には、ホテルやロッジ、レストランなどもあります。
ホテルの売店では、お弁当やおやき、天婦羅なども売っています。
氷水にペットボトルのドリンクやトマトなども冷やして売っています。
夏場は水分補給をこまめにください。

上高地ではハイキングをしながら、山や空、川、橋などの景観を撮影したり、植物、動物などを撮影したりして楽しむことができます。
また散策の疲れを癒してくれる「温泉」もあります。
釜トンネルの近くにある一軒宿の「中の湯温泉」。
源泉かけ流しの天然温泉で、内風呂と露天風呂があります。
日帰り入浴もできます。
渓谷沿いに居残る一軒宿の「坂巻温泉」。
谷あいにおける静かな温泉宿だ。https://www.ringrijdersbiggekerke.nl/