妊娠中は次第に分野が小さくなることもあり、体が重くなったり気分がさっぱり止めるなど、妊娠中は運動不足になりやすいと言われています。
そのためマタニティ筋トレとしてウォーキングを日常の生活に取り入れてみませんか。
マタニティフィットネスなどジムに通う方法もありますが、とにかくどうしてもジムに通うことは苦しいというママには、自宅でも簡単にできる運動としてウォーキングがおすすめです。
また気晴らしにもなり更に何の道具も必要ないことから、ウォーキングは妊娠中の運動として人気があります。
よくウォーキングは散歩気分でと言われていますが、実は散歩はまさか違う意識を持つようにしましたいものです。
運動が断じて得意でないママにとっては、勿論散歩気分でスタートすることはおすすめですが、ただあるく散歩より有酸素運動を意識し、体の筋肉を正に扱う意識をもってウォーキングをください。
妊娠中は次第にお腹が大きくなり、体のバランスは知らないうちに低下していきます。
その上運動不足を通して足の筋肉も落ちてくると、一段と転び易くなるので注意しなければなりません。
また単に5センチ程度の段差を踏み外したりすることでも、大きな負担がお腹に掛かってしまったり、転ぶ原因になってしまいます。
妊娠中はこういう行為が大きな悲劇を呼ぶことにもなるので、履き易い靴を履いた上で道路の状況などもよく確認しながらウォーキングをすることも大切です。
基本的にウォーキングは場所を選びませんが、どうしても凸凹が多く駆けにくいところや、大きな道路沿いで空気が悪いところなどは出来るだけ避けましょう。
また自分のペースで望めるのもウォーキングの良いところであり、疲れたりお腹が張ったように感じたら、すぐに休憩をしたり中止をすることも大切です。
そして水分補給を思う存分売ることも注意しなければなりません。
近くのウォーキングであっても、本当に妊娠手帳やしょっちゅう因る病院などのテレフォン、携帯電話などを持ち歩きます。
お腹の状態が多少なりとも変化がある時折、すぐにタクシーで病院や自宅に返ることができるだけのお金を持っておくなど、もうちょっと我慢してしまおうなどという無理は絶対にしないように、最低限必要なものを準備して行いましょう。イビサソープは楽天やAmazonが最安値って本当?