ホワイトニングのニーズが高まり、最近では「セルフホワイトニング」という言葉も耳にするようになりました。
しかしセルフホワイトニングというのは、セルフエステと同じで飽くまでも自分で行うことを言います。
セルフホワイトニングを安い料金で提供しているサロンというところは、歯医者ではありませんから歯医者などのように口の中を触れることもできません。
また歯医者で扱うみたいなホワイトニング効果のある薬剤を使うこともできません。
きちんとした薬剤を使わなければ歯を白くきれいにする効果は期待できません。
歯医者、歯科衛生士でもないのに口の中を触って施術するようであれば、それは非合法だ。
そういったお店は必ずしも利用しないように注意しましょう。
費用が短いからといって安易にそんなお店によると失敗します。
セルフホワイトニングの「セルフ」は飽くまでも自己責任ですことを忘れないでください。
敢然と歯を白く目指す人は、歯医者できちんとしたホワイトニングをしてもらうようにしましょう。

歯医者で通じるホワイトニング剤には主に過酸化水素水など高濃度の漂白剤が使用されています。
これに対してサロンなどホワイトニングの企業で通じるホワイトニング剤は、酸化チタン、二酸化チタンなどを使用しています。
サロンによって若干違いはありますが、重曹、メタリン、ポリリン酸を主成分としたものを薬剤として取り扱うところも数多く、そこへLEDライトを充てています。
これらは歯磨き粉に入っておる研磨剤の成分に似ているので、歯の汚れを浮かすことはできても歯を白くすることはさほどできません。
セルフホワイトニングでは、医薬品を使うことができません。
漂白剤はクリニック以外では使用できないと法律で決められているのです。
セルフホワイトニングは、プロが行うホワイトニングはとても別物です。
そのため歯を白くこなせる漂白成分が入っていないものを使わなければいけないので、汚れは取り外せても白くはできないについてが多いようです。
セルフホワイトニングでは、1回目は効果を実感し易いのですが、2回目以降はおそらく効果を実感できないそうです。
それは1回目に関しては、今まで歯においていた汚れを落としてきれいにするため白くなったように思えますが、2回目以降の場合、1回目以降ついてしまった汚れを落とす程度なので効果が実感できないそうです。
セルフホワイトニングを通じてみても、意外と効果がでないという人は、一旦敢然とオフィスホワイトニングをした方がいいと思います。xn--nckzcza7614i.xyz