時代遅れは、中国には粗悪なコピー商品ばかりがあふれていました。
中国にはコピーライト、肖像権など、一切関係ないという無版権商品が多数で回っています。
しかしそれらのインチキおもちゃも、変化を遂げてきています。
昔は、ただどうも似せて作っていたおもちゃ。
キャラクターの似てないところが笑えるほど、重いものばかりでした。
それが今では、海外で人気のおもちゃをコピーする技術力ものぼり、もう一度中国独自の奇抜なアイデアを加えて、NEW商品が出来上がっています。
わずか質のちっちゃいコピー商品ではなく、独自の進化を遂げた驚きの中国のインチキおもちゃをいくつか紹介します。

日本のアニメは世界中で大人気です。
もちろん中国も人気があります。
人気キャラクターを、適当に描いただけのものがぬいぐるみになる、それが中国だ。
ドラえもんの頭の青い部分と白い部分の配色が異なるもの、ミッキーの目の形が微妙に抱腹絶倒もの、いろいろあります。
他にも、「名探偵コナン」、「ワンピース」、「ドラゴンボール」、「NARUTO」、「ガンダム」などどれも「?」という顔ばかりです。
しかしそれだけではおわりません。
おもちゃのクオリティは高くなっています。

例えば、子供たちにも大人気の「機関車トーマス」。
日本ではプラレールのように電車のように走るおもちゃだ。
それが中国では勝手に、ロボットに変形させてしまいました。
トーマスを3台合体させる結果、ロボットになるのです。
しかも、トーマスと合体するのは、ヘンリー、ジェームスなどの仲間たちかと思えば、3台ともトーマスなのです。
トーマスが3ついる時点で話的にはおかしいのですが細かいことは気にしないのです。
てんで戦隊もののロボットのようです。
「トーマスがロボットに?」、日本では不思議な感じがします。
しかしそのユニークな合体ロボットは、中国の子供たちには普通に盛り込みられています。

ガンダムの下半身がキャタピラになってしまったインチキおもちゃもあります。
ガンダムと言えばシャープなロボット姿が魅力のようですが、下半身キャタピラで走行するという随分斬新なインチキおもちゃだ。
ガンダムで不動の人気を誇るキャラクター「シャア」、こういうシャアがラジコンになったものもあります。
シャアの体はムキムキで、音楽に合わせモンキーダンスもやるおもちゃだ。
目が光るというところも、光が好きな中国らしいです。
このように、日本では考えられないアレンジを加えたインチキおもちゃが、中国ではたくさん出回っているようです。http://xn--q9j2c9ch0hqc6bl0n6hsf.xyz/