ユニットバスの方が工期が少ない、在来工法の方が工期が長いという様にお風呂のリフォームでは後期の長さがまちまちです。
その後期の長さによって、ご自身の暮しが少し変わりますよね。
お風呂を銭湯にするとか、短期なら幾らかお風呂を我慢しようとか。
ではいったいどの位の期間でお風呂のリフォームと言うのはまとめるのか、参考日数を挙げてみたいと思います。
ここでは一般的な「ユニットバス」について挙げてみたいと思います。

現在ユニットバスによっていて、浴槽だけでなく床や壁も全て目新しいユニットバスにリフォームしたいと考えている場合、一般的な工期は4〜5日と言われています。
長くても1週間以内で仕上げる場合が殆どだと言われています。
そこまで大掛かりではなく、ユニットバスの浴槽のみ交換するという場合は最短で1日で終わるという場合も見て取れる様です。
また浴室乾燥機等、オプションで設備をプラスさせる場合にはプラス毎日等、大体1週間〜10程工期が増えるのが一般的です。
この場合、一旦浴室を取り壊す所から始めます。
その後コンクリートを使用して土台の基礎工事をやり直して新たにユニットバスを揃えるという工程になります。
こういう基礎工事の日数だけ、日数が長くなるという事になる様です。
これ以外にも、季節によって工期が変わる事が見て取れる様です。
例えば冬場は寒く、梅雨時期は湿気が多い等、基礎工事の土台のコンクリートが強ばりにくかったりして工期が延びるという事も在る様です。
更に年末年始やゴールデンウィーク等、人手が足りない時期の場合も同様で、職人さんが作業に取り掛かれない分、工期が延びるなんていう事もある様です。
また、通常の浴室から在来工法にリフォームをするという場合は、さらに日数がかかる事になります。
今有る物を取り壊して、基礎をやり直し、新たにその場で組み立てていくという工程になるので、半月〜月陥るなんていう事もあるかもしれません。
この様に、お風呂のリフォームについての工期は方法や業者によって様々だので、先ずは見積もりを取り去り、納得した上でお願いをするという感じでやってみてはいかがでしょうか。http://xn--hmb-6b4b4f7klc3b7e5e5fe.xyz/