おすすめのエアコンクリーニングを紹介ください。
当然、業者に依頼するのではなく、自分で吊り上げる方法だ。
敢然とやることができれば、費用を浮かすことができますし、部屋の汚れについて図る機会を得ることにつながります。
各部屋にエアコンを設置しているでしょうから、費用はそれほど安くありません。
まずは、その方法を整理しましょう。
使用する洗剤には各種タイプがあります。
エアコンクリーニング専用の洗剤をおすすめしますが、そんなに専用でなければならないわけではありません。
通常のトイレ掃除用の洗剤も問題ありません。
エアコンの埃がたまる部分は樹脂製になっていることがほとんどですから、樹脂の汚れがとれる洗剤を選べばいいでしょう。
エアコンに適度に薄めた洗剤を吹きかけて、汚れが浮き出すまで待ちます。
その後、スポンジや軟らかいブラシで擦り落とします。
これだけでかなりの汚れが落ちるはずです。
ステンレスやアルミ製になっている部分もありますから、注意が必要でしょう。
また、洗剤を付けた後は敢然とすすがなければなりません。
そのために、水が落ちても適切ように確実に養生しておきます。
プロは各種道具を持っていますが、一般の人が養生しようとすると、その道具を準備するだけでも大変かもしれません。
ただ、何度もやっていると慣れてしまうし、ざっと使い捨ての材料となります。
インターネットのメールオーダーサイトで各種タイプの洗剤が販売されています。
1台のエアコンでさほどたくさんの量を使用しますから、まだまだ多めに購入することをおすすめします。
エアコンクリーニングの方法は難しいことではありませんが、それを誰が、どれくらいの頻度でやるかが重要なポイントです。
お金に余裕があるなら業者に依頼すればいいですし、自分でするならこまめにやっておくと埃がたまり難くなります。
半年に1回を目安にしておくといいでしょう。
エアコンの取付位置が天井もののところですから、作業は上を役に立つ状態となります。
洗剤が目に入ったり、吸いこんだり始める危険がありますから、注意しなければなりません。
洗剤によっては有毒な成分を含む場合もあります。
用心深く丁寧な作業が大切です。http://www.risas.nl/